KAMALA YOGA BLOG

リポート②2019元旦初日の出とヴィーガンおせち編

2019年 元旦

早朝から始まったガネーシャプージャで、今年一年の障害を取り払うためのマントラチャンティングを唱え、儀式を執り行いました。

全員眉間にチャンダナという白檀でできた粉と、ハリッドラー(ターメリック)でできた赤い粉クンクマをつけて、

正しい知識を授かることへの感謝と祈りを込めて、そのために障害を取り払ってくれるガネーシャを拝みます。

神を祈ることは、すべての人にはもちろん、自分自身への祈りになります。

たくさんのお米や餅、雑穀、果物をプラサーダ(捧げ物)して、食べることにも困らないよう祈ります。

(もはやガネーシャがどこにいるのかわからないくらい、お花に埋もれてしまっていますが。。。)

祭壇にも花を添えて、残りのお花で花曼荼羅を作りました。とっても綺麗!

日の出時刻は6:47。でもたくさんの雲がかかっていて、初日の出は拝めないかも。。。

と思っていたら、数分後に雲の切れ間から美しい朝日が顔を出し始めました。

素晴らしい初日の出を拝むことができて、今年も一年、太陽からの光を浴びて、たくさんの恩恵を受けられますように。

SURYAYA NAMAH!

 

戻ってからは、待ちに待っていたヴィーガンおせち料理!

色とりどりの食材には、それぞれの意味が込められているのが、日本の伝統的なおせち料理。

健康長寿や子宝を願い、五穀豊穣を祈願し、たくさんの恵みを頂きます。

お雑煮とあんころ餅、きな粉餅もたくさん食べて、食べるものに困らないことから始められた1年に感謝。

食べ物すべてにもNAMAH!

ここにいる全員にもNAMAH!(写真には全員写っていませんが汗)

素晴らしい1年の幕開けを、皆様と共に迎えられたことに感謝が溢れるばかりです。

感謝しかなくなるって、本当に幸せですね。

ありがとう♡

ありとあらゆるものすべてにNAMAH!

関連記事一覧

PAGE TOP