KAMALA YOGA BLOG

本当の幸せに気づくための瞑想とは 脳波

本当の幸せに気づくための瞑想とは 脳波

快楽を追い求めてもそれは一時的でしかなく、少し経つとまた快楽を追い求めてしまう。

ある種の中毒症状です。

自分に満たされない人の中には誰かに満たしてもらおうと依存的だったり、

病院に行って薬をもらうことで安心したり、はたまた合法ドラッグや非合法ドラッグに依存したり、

自分で心や体を緩める力が弱いために大麻や薬物に依存する場合もあります。

食べ物やサプリメントも同じようなものです。

確かに一時的な効果はあるでしょう。でも本当は、余分なものは必要ないのです。

最低限の食事、つまり自然の恵みを生きた状態でいただくことが一番体に良いのです。

そして肌も保湿したり油分を補ったりしていれば十分なのです。

あれが効くみたいよ、これが体にいいって、と言ってテレビや雑誌に出たものがスーパーから一瞬で消える現象。

いずれにせよ何かに頼らないと不安になったり幸せを感じることができないのです。

私はこれがないと不安になる、という暗示をかけているのですね。

摂るものや持つものを最小限にしていき

ヨガのアーサナやプラナヤマを習慣にできれば、自然と自分の力で瞑想に入ることができるようになり、

自然と力を緩めることができ、自分の力で今ここに満たされた感覚になることができるのです。

人やものに依存するのではなく、全ては自分の内側にすでにあること。

そこに満たされることを知ることで、余分なものは何もいらないことに気がつくのです。

脳波には

デルタ波(δ波):2~4 Hz

シータ波(θ波):4~8Hz

アルファ波(α波):8~13 Hz

ベータ波(β波):13~30 Hz

ガンマ波(γ波):30~ Hz

があります。

β波は起きている時活動している時の状態で、α波はよく耳にするかと思いますが、

穏やかな気持ちになりヒーリング効果があると言われています。

さらに瞑想状態になると、θ波になり、深い瞑想状態になると、

δ波となり精神活動はほとんどなく、無の状態になります。

この状態になることができると、怒りや悲しみ、妬みや嫉み、恨みや憎しみ、

悲しみや苦しみの感情は消え去り、心は安定して穏やかになります。

だから瞑想が効果的なのですね。

そして余分な感情が消え去ることで、良い感情や本当に願うことを自分の意識に確認することができるのですね。

少しの時間から習慣にしてみると良いですよね。

インストラクターの心の状態がとても影響する瞑想。

全ての人に愛を持った人に誘導してもらうと、それは素晴らしい効果を発揮します✨

かまらヨガでも、ラージャヨガで瞑想できます。

受けた方の声で、「あれから毎朝起きると幸せな気持ちで目が覚めるんです」と、

嬉しいお言葉もいただいています。

ぜひお試しあれ✨🍀

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP