KAMALA YOGA BLOG

0になる

0点、中庸。

じゃあ人間の0点て?

体の軸を取ることは目に見えるのでわかりやすいしこれも大切ですが

それを理論化して解剖学的に説明しているものも多いのでそちらを参考にしていただいて、

今回は目には見えないけど一番大切なこと。

心、感情、思い、意識、考えe.t.c.

不安や恐怖心、拒絶感、怒りや悲しみ、憎しみや妬み僻みなどのネガティヴなエネルギーと

嬉しい、楽しい、面白い、わーい、といったポジティヴなエネルギー。

それが交わる場所が0点。

これが0点になっていると、みぞおちのあたりから胸の真ん中あたりがすごく満たされていて

ふわっとした柔らかい優しい感覚があると思います。

そして幸福感に満たされている、そんな感じでしょうか。

どんなことにも感謝の気持ちやありがとうの気持ちが溢れていると思います。

いろんな感情が誰にでも備わっているけれど、その感情に振り回されることなく

自分自身を真ん中に据え置くことで、自分からあらゆるエネルギーを発することができる。

信じられないようなことも起こります。

そしてアジュナーチャクラが活性化していくので

色々なものが見えたり感じたりするんです。

だから人の気持ちがわかったり理解できるようにもなる。

そして自分自身に幸せの形は存在していて自分を信じる力が備わっていること。

好きなことに夢中になっているときは、誰もがこういう状態になっていると思います。

運動や呼吸や瞑想、正しい知識を得ていくことなどによって

自分の意識や心の中心を知るということ。

みんな困った時に、神様お願いします!

OH MY GOD!って何気なく言ってますよね。

ラッキーなことがあると神様ありがとう!

って何気なく思っていると思うんですよね。

そのお願いしている先やありがとうを言っている先の神様っていうのが

0点にいる、あなた自身なんです。

ヴェーダンタでは、あなた自身が神だと言うことを教えています。

自分の幸せだと感じるものやことは自分が決めるし作っているんだってこと。

その幸せを感じることは他人からの評価や常識の枠にとらわれることでもなく

誰かの目を気にして行動したり発言したりするものでもない。

自分がやりたいこと、自分が言いたいこと、それが誰かの幸せにつながること、

それをしていればよいってこと。

自由でいいんですよ。

形なんてこだわらずに、常識はずれなんて思わずに。

それに気づく時代がやってきていると感じるし、

伝える人もたくさんフォーカスされてきていると思います。

それはどんな形であれ、いろんな理解の方法があるけれど

ヨガで伝える人もたくさん増えてきているので

すごく心強いし、間違いなくその時代が来ているなと感じます。

自分の中心を知ろう!

何もないのに全てある!

それが0点。

360度見渡せる世界へ

by kaori kamala

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP