KAMALA YOGA BLOG

触覚 五元素:風 肌を優しく撫でる心地よさ

触覚 五元素:風

温かいぬくもりと心地よい肌に触れる感覚

人は人生で最も苦しい思いを出生という体験により

初めてしてこの世に生まれてくる。
そしてその後に、母親や養育者から

「抱っこ」という刺激を与えられる事によって

この世に生まれてきた肉体の感覚を味わっていく。
なので、人間として生まれて生きていくために

一番最初に最も大切なことが、
親子のふれあい
肌と肌のふれあい
愛情たっぷりの温もりが何よりも一番大切なもの。
この肉体を持って生まれてきたことを実感し、

この世の心地よさを味わっていく。
そして、この抱っこによって、この世は安心安全な場所であることを覚えていく。
生まれてから幼少期に、ふれあいや抱っこが少ないと

この五感が発達しなかったり

人との距離感がわからなかったり

人に触れられることに拒否感を覚えたり

逆に、温もりを求めて異性との性的関係にそれを求めることが多い。
いつも不安で、満たされる感覚が乏しくなってしまう。
三つ子の魂百までも、という言葉は本当にその通りであって

胎児として宿ってからこの世に生まれ出てきて、

自分で自分の体を扱えるようになるまでの時期というのは

この世で生きていることを実感させ

安心感を覚えて安全だと認識していくことが大切。

それが大きく将来の人間形成、人格形成の大元になっている。
母親になる前からはもちろん、

妊娠する瞬間から妊娠期間というのは

ゆったりと心を穏やかにしておくことがとても大切な子どもの人間形成を養うのです。
そして、生まれてきたらすぐに、なるべく早く

たくさんの時間を「抱っこ」という大切なコミュニケーションをしていくことが

その子の人格形成に大きく影響します。
そして、言葉も生まれた時から理解していますので

優しい言葉かけや愛情いっぱいの感情というのが

とてもよく伝わります。
以前にチャクラのところでも、優しい言葉掛けをして居ると

花が綺麗に咲くということを書きましたが、

まさに人間はこれが顕著に、長い時間をかけてその人の性格や人格として現れてきます。
赤ちゃんは生まれたばかりの時は、つい数ヶ月前までは意識だけの存在だったので

生まれてすぐからも意識はとてもよく働いています。
だから生きる根本である第1チャクラを整えるためにも

抱っこや話しかけをたくさんすることで

ここは安心安全な場所である、私は今ここに居る。

今、私は満たされて居る、ということを知るのですね。
今まさに妊娠中の方、そして子育て真っ最中の方、

そしてこれから妊娠したいと思って居る方は

ぜひ知っておいてくださいね。
抱っこは人間形成、人格形成の基本です!
よく抱っこすると抱き癖がつくなんていう人が結構いますが

つきません!

いくらでも抱っこしてあげてください!

どんなに抱っこしたくても、いつかはさせてくれなくなりますから・・・涙
して〜〜〜って泣いてくれるうちに是非。
たくさん抱っこしてあげると自立心も早くから芽生えて

好奇心旺盛になりますよ。
だってこの世は安心安全な世界だということを

潜在意識で知っているから何も恐れることも不安に思うこともなくなりますもの。

例え低出生体重児や疾患があって、抱っこができない状況でも、優しく体に触れてあげるだけで赤ちゃんは反応します。

体温や心拍数が正常に落ち着いたりします。

だから、会える時はなるべく触れてあげて下さいね。

関連記事一覧

PAGE TOP